自己紹介

はじめまして。まりといいます。

現在1歳の1人娘の母親です。

娘が1歳になる頃までの1年間を育児という鎖国状態の中過ごしてきました。

どういうことかと言うと、1歳になるまでの1年間はほぼ外に出る事無く赤ちゃんのお世話をしてきた。ということです。(だからと言って、きっちり完璧に育児をしていたのではなく怠けてばかりいました。)

外に出なかった理由は、娘はよく泣いていたので公共の乗り物に乗るのが嫌だ。というのが一番の理由です。その他に、産後の体重が落ちず太って醜い自分が嫌だった。という理由も…。

もともと、出かけるのがすごく好きなわけではなかったのですが(実際はかなり出かけてました。おそらくこの発言を私の友人が聞いたら「は?」となるでしょう。)あまりにも家から出ることができないし、赤ちゃんとずーーーっといるし、その赤ちゃんは泣くのが仕事なのはわかるけどずっと泣いてるしで頭が狂いそうな1年間だったな。と振り返ると思いますが、1歳をむかえる頃には急に落ち着いた様に感じました。

泣くことはあっても何で泣いてるのかわかるし、よく笑うし、反応もあるし、自分で動くし(ズリバイやハイハイ・伝い歩き等)とにかく、意思の疎通ができる感じがとても楽になったと感じました。

ただ、やっぱり1歳までの1年間って新米母にとってわからないことだらけで「不安」がたくさんだし「わからないことだらけ」なんですよね。

その1年って過ぎちゃうと早いけど、実際は長く感じます。

特に、赤ちゃんがまとまって寝てくれるまでは寝不足続きの上にやらなければいけないことが沢山で、頭の中で何から整理していかなければいけないかがわからなくなってしまうし、気付いたら勝手に涙が出ていたりすることもありますよね。

実際、私もそうでした。

赤ちゃんが成長するにつれ、お世話から育児へとママの意識も変わっていきます。今後の育児がラクになるために赤ちゃんの頃からやっておいて良かったことや、赤ちゃんのお世話で役に立ったことをまとめていきます。

私自身も新米母ですが、経験をしてきたからこそできるアドバイスをこれからの新米ママや悩んでいるママたちが赤ちゃんのお世話・育児が楽しく、工夫1つでラクになる事が私の願いです。

私が特に大変だった0歳児の時の、試してよかったことや、やったら気持ちがラクになったことなどをまとめますので、今、大変と感じているママ達の役に少しでも立てたら嬉しいです。

私の知恵袋的なブログで「母ぽっけ」と名付けました。育児本・インターネット・SNSのあらゆる情報を駆使して頑張ってまとめていきます。

数分後になるか、数ヵ月後になるか、数年後になるかわかりませんが、可愛い我が子のお世話・育児が楽しくなるように願っています。(できればこのブログを読んで楽しくなってもらえたらすごく嬉しいです。)

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本プライバシーポリシーは、母ポッケ()(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当...