1歳児の赤ちゃんが歯磨きを嫌がった時に効果のあった方法

育児

個人差はありますが生後6ヶ月頃から赤ちゃんの歯が生え始め1歳頃になると、上下合せて8本の歯が生えてきます。

歯が生え始めてくると心配なのが虫歯ではないでしょうか。私も、大事な我が子には虫歯にさせたくないと思い、歯が生え始めた生後6ヶ月頃から歯ブラシをくわえさせ習慣づけようとしました。

始めの頃は見た事のない歯ブラシに興味を示し、歯ブラシを見せると喜んで口の中に入れて(ほとんど歯固めみたいな感じですが)歯磨きをしていました。

しかし1歳くらいから歯磨きを嫌がる様になり、毎日の歯磨きがとても大変で、あの手・この手でだましだまし歯磨きをしましたし、色々なサイトを見て試しもしました。がどれも有力なのがなく歯磨きの時間は娘との戦いでした。

ちなみに、うちの娘は噛み癖があるのか私の事をしょっちゅう噛み付いてきていて歯磨きするときは歯ブラシを見せると逃げて、捕まえて歯磨きをしようとすると噛み付く。そして仕上げに歯を布巾で拭き取ると思いっきり噛み付いてきていました。

これが、痛すぎて叩いちゃダメと思ってはいるのですが「いたーーーーーい!」(ポカンと頭を1発叩いてしまうほど…。)叫びまくっていました。

そんな中、やっと歯磨きに抵抗なく口を開けてシャカシャカとやらせてくれる日が来たんです!奇跡!「あー。なんておりこうさん」と思いました。

私は歯の専門化でもなんでもないので独自の方法ですが、私の方法がお役に立てたら嬉しいと思いますので試してみてください。

スポンサーリンク

歯磨きを子供と一緒にする

なぜか1番効果があったのがこれ。「歯磨きを一緒にする事」です。

え?こんな事で?と思うとは思いますが、一緒に歯磨きタイムを楽しむようにしてからなぜか積極的になりました。

一緒に歯磨きをして積極的になってくれてからは、毎日朝と夜の歯磨きは一緒にやっています。

ただ、一緒に歯磨きをしただけだと子供に歯ブラシをくわえさせてるだけにすぎませんので「子供の歯をきちんと磨いた」とはいえません。

とにかく歯ブラシを見せると嫌がって逃げていたので、まず第一に歯磨きの習慣から始めました。ママやパパと一緒に歯磨きするということで、歯磨きタイムが楽しい時間と思ってくれたのか歯ブラシを見せても嫌がる事がなくなり、更に歯ブラシを持っていくと自分で歯ブラシを取りに来て歯磨きをしていました。(ちゃんとは磨けていないと思いますが…。)

とりあえず、この時点で歯磨きをするという習慣はクリアです。ですが、その後の、仕上げ磨き(ちゃんと歯を磨く)というのが一番てこずることですよね?!

素直に口を大きく開けて「あーーー。」だなんてやってくれません。上唇で上の前歯を隠してみたり、舌で押し出してみたり。子供なりの抵抗をしてなかなか仕上げ磨きをさせてくれないのではないでしょうか?

はじめは、「何?この抵抗?ちょっと笑える」くらいだと思いますが、毎回だと、「もぉー!歯磨きさせてよね!」とイライラすることも増えちゃいます。そのうち、歯磨きしなくてもいいかなぁ~なんて…。

この「仕上げ磨き」あまりにも嫌がっていたので、実際私も経験してみました。笑

感想は「めっちゃ嫌!!!」です。

でも、この経験によって娘が仕上げ磨きを少しずつやらせてくれるようになったのです。

楽しみになるほど自分から口を大きく開ける事はないですが、「あーーー。」というと一緒に口を「あーーー。」と開けてくれます。仕上げ磨きをさせてくれるのに効果があったのは自分も経験してみることでした。

嫌がる仕上げ磨きは自分も経験してみるといい。

私が、とっても嫌だった仕上げ磨きは誰がしたかというと娘です。娘と一緒に歯磨きをしている時に、娘の前に仰向けになり「あーーー。」と口を開けて、自分の歯ブラシを娘に持たせて私の歯を磨かせて見ました。

いきなり寝そべって私が口を開けたもんだから娘は何が起きたの?ポカン。という感じでしたが私の歯ブラシを渡すと嬉しそうに持って、まず自分の口に入れようとしました。(なんでも舐めて確認の赤ちゃんあるある。)

まぁ、それは阻止して。その、歯ブラシを持った手を自分で掴んで、自分の口に入れ歯磨きをしてみました。そして、自分の手を離した瞬間、嫌がる理由がわかりました。

この行為かなりの恐怖です。恐ろしくて、掴んだ手を離すのは不可能。でも、なぜか娘は嬉しそう。これで、なんとなく仕上げ磨きを嫌がる理由は恐怖だと理解できた気がしました。

その他に感じたのは、楽しくない・動きを制限させられる。(遊びたい・動きたいのに止まってなくてはいけない)は子供にとって嫌なんだと思いました。

恐怖や苦痛の時間って長く感じますよね。そりゃ、嫌がるに決まっている。ということで、一緒に始めは歯磨きを個々にやり仕上げ磨きは歯ブラシを交換し、お互いにやるというやり方。

仕上げ磨きを、お互いにやり合ってみる2つのパターン

お互いに仕上げ磨きをやりあうのを2パターンやってみました。

  1. まずママ(大人)を先にやらせ、次に子供のをやる方法。
  2. 同時にやる方法。

どちらのパターンもまずは、大人の歯を磨かせる時は慣れるまでは必ず子供の手を自分で掴んで危険の無いように教えてからやってくださいね!

そうでないと、いきなり歯ブラシを口の奥に「グサッ」と刺されたら大変なことになりますので。そして、慣れるまでに長めに時間がかかる(日数がかかる)と思っていてください。

その間に、歯磨きをさせてくれないからって無理やりやってしまったら効果はあまりでないです。私も、時間がかかってしょうがなかったので無理にやったらふりだしに戻ってスタートからやり直しでしたので…。

まずママ(大人)を先にやらせ、次に子供のをやる方法。

とりあえず、子供の前に寝そべって(仰向け)ママの歯ブラシを持たせママの口を大きく開けます。「あーーー。」と言って、「シャカシャカして。」などと言葉を掛けると尚良いでしょう。

おそらく、子供は喜んで歯ブラシを動かします。(ここで、危なっかしい場合は必ず自分の手を添えて!危なっかしくなくてもいつでも自分の手で子供の手をおさえられるようにしておいて下さい。)

ある程度、自分の歯を磨かせられたら「磨いてくれてありがとう。交代ね。」と言って交代です。おそらく、嫌がって逃げると思いますので無理に捕まえるのではなく「交代」「順番で磨きっこ」という約束を子供に伝えてください。

戻ってこなかったら、無理にはやらなくてもいいとは思いますが、歯磨きなので絶対にしてもらいたい事だから、やらないなんてことはできませんので、ここはスマホを使っちゃいましょう!歯磨きの間だけYoutubeを見せるなどしてYoutubeで動画を見せて気を紛らわせてササッとやっちゃいましょう!

これを、毎日繰り返しやってみてください。少しずつ、嫌がりながらも仕上げ磨きをやらせてくれるようになってくるはずです。

もし、ここでYoutubeが効果てきめんで仕上げ磨きを毎回素直にやらせてくれるようになったなら、Youtubeを使うのもいいと思います。(娘の場合、Youtube見ながら抵抗していたしあまり長く仕上げ磨きをやらせてくれませんでした。)

同時にやる方法

ママが寝そべった状態で子供にママの歯ブラシを持たせ、ママは子供の歯ブラシを持ってお互い「あーーー。」といいながら行う方法。しかし、子供が自分(ママ)の歯をうまくなくてもいいから、口の奥に差し込んだり危険な行動をしなくなるようになってからです!じゃないと危険すぎる。

危険なやり方だけれど、「あーーー。」ってママが言うと子供もつられて「あーーー。」って言っちゃうんです。(なんか可愛い。)なので、その「あーーー。」って言っている間に「シャカシャカ」と磨いちゃいましょう。

おそらく、危険ではありますがママの歯磨きをするには絶対逃げる事はないので確実にできますので危なくないと確信できたらやってみてください。

「おかあさんといっしょ」で歯磨きの歌で「しあげはおかぁ~さん」と歌って、子供がおりこうさんにごろーんと転がっていましたが、それが逆になりママがごろーんと転がって、仕上げを一緒に行う感じです。

赤ちゃんにオススメの歯ブラシ

歯ブラシは特にこれが絶対オススメ!という商品はないですが、今使っている歯ブラシは持ちやすいし口の奥にも入らないので安心です。

そして、デザインも可愛い!家で使ってもプレゼントにもおススメです!

まとめ


歯磨きに慣れるまでは、歯磨き(特に仕上げ磨き)を嫌がる時期が必ず来るのではないか?と思います。でも、歯磨きは生活習慣の中でもとても大切なことなので、お互いストレスなく歯磨きができる日が来ると良いですよね。

私も、初め仕上げ磨きってどんな気分なんだろう?の興味でやってみましたが、やってみて怖いしなんだかアホくさいと思いました。しかし、気持ちもわかり日々いろいろな事も試しながらやってみると磨き合いが一番効果がみられました。

ちょっと危険な行為でもあるし、パパに見られるとなんだか恥ずかしいですが、ママが「あーーー。」と言うと口を開けて「あーーー。」としてくれます。

もし、この磨き合いをしてみて少しでも効果があると嬉しいです。子育てって、本当に大変!少しでもママのお役に立てますように!

コメント