赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?初めてにおすすめの3冊!

赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?初めてにおすすめの3冊! 育児

絵本の読み聞かせっていつ頃からすればいいの?と悩むママも多いかと思います。胎教に良いとお腹の中にいる頃から読み聞かせをするというママもいると聞いた事もあります。

いつから始めるのがいい、というのは特にないとは思いますが、ママが赤ちゃんに「絵本を読み聞かせてあげたいな。」と思った時が始める時だと思います。

そして、早くてもいけないことは何一つないので早くから始めるのをおすすめします。

スポンサーリンク

絵本の読み聞かせは、早いに越したことはない!

私は、生後2ヶ月後半頃から絵本の読み聞かせを始めました。絵本の読み聞かせをしたらこうなったという事ではないかもしれませんが、少なくとも絵本の読み聞かせの効果があったと思う事があります。

読み聞かせを始めたばかりの頃は反応がなく読み聞かせていても、どちらかというとつまらなかったです。しかし、反応がないからといって絵本に興味がないと見極めて、読み聞かせをやめてしまわず1日1回は絵本の読み聞かせをしていました。

1歳の歩き始めの頃から自分で絵本を手に取り、ママにさしだし「読んで」(しゃべりはしていません。しゃべれていたらそう言っているのだろう。)と持ってきて絵本を読み出すと嬉しそうに見えいます。

絵本の読み聞かせをしていて、1歳までに私が感じた子どもの成長に効果があったな。と思う点は、

  • コミュニケーションの一つとして赤ちゃんと関わる時間が増えた。
  • 言葉がでるのが早かった。
  • 経験を通して知るだけでなく絵本からの知識も付く。
  • 表情豊かになった。
  • ページをめくる事によって、指先を使うので指先が器用になる。指先を使う事は脳の活性化にも良いです。

言葉のわからない赤ちゃんに絵本ってどんな効果があるのだろう?と思いますが、絵本を読み聞かせる事により、ママは声を発します。その声を認識したり、絵本の色や形は赤ちゃんに取ってさまざまな事を吸収する1つの方法だと思います。

赤ちゃんと生活する中で家の中で関わる時には、言葉をかける事もあるかと思いますが実際そんなに多くないと思います。反応のない赤ちゃんに対してだとほとんど独り言ですからね。

なので、赤ちゃんとの時間をしっかり持てる「絵本の読み聞かせ」はコミュニケーションの1つとしても良い機会ですので早くから、お子さんと一緒に絵本を楽しめると良いでしょう。

絵本の読み聞かせをする時の、読み聞かせ方のポイント

一緒に楽しめるといっても、赤ちゃんなので必ずしも反応があるわけではありませんので赤ちゃんが楽しんでいるのかどうか?というのは読み聞かせをしていて疑問に思います。

そうなると、楽しそうではないので読み聞かせをやめてしまうと絵本を読み聞かせる事による効果もなくなってしまいます。

では、どの様な点に気をつけて絵本の読み聞かせをしたら良いのか?

それは、

  • 絵本を楽しんで読む。
  • 1度読み始めたら、途中でやめずに最後まで必ず読みきる。

読んでいる側がつまらなさそうにしていたら、読んでもらっている方もつまらなく感じます。読み手がわが、楽しそうに読んでいると楽しく感じます。ですので、絵本選びは重要です。

赤ちゃんに良いといわれている絵本を読むのもいいですが、読む側のママが好きになった絵本を選ぶのもいいでしょう。(ただ、対象年齢も考えて難しそうなものは避けてくださいね。)

そして、読み手がいくら楽しそうに読んでいても集中力が切れて他に反応しハイハイや伝い歩きでその場を離れてしまったとしても、読み手側は最後まで楽しそうに声に出して絵本を読んでください。(それは、赤ちゃんに無理やり見せるという感じではなく自分が楽しむような感じで。)

そうすると、その行動は必ず赤ちゃんは見ていますので時間はかかるかもしれませんが、必ず興味を示し戻ってきます。もし、戻ってこなく絵本を読みきってしまった場合は、「楽しかったぁ~」などと言い終わりにしてもいいでしょう。この行動が次にまた繋がります。

ポイントは2つ

  • 絵本を楽しんで読む。
  • 1度読み始めたら、途中でやめずに最後まで必ず読みきる。

です。

赤ちゃんに読み聞かせをする時はどんな絵本がいいか?

たくさん絵本がありすぎてわからない…。という方に私が読み聞かせてきた中で、娘の反応が良く、気に入って長く読み聞かせで使っている絵本を3冊紹介します。

どれも、名作中の名作です。誰もが、良い!といい昔から読まれている理由が読み聞かせをしてわかると思います。

出産祝いにもいい!初めての絵本におすすめする3冊。

絵本の読み聞かせをする事はとても良いですが、どれを選んだらいいのか悩むし絵本って意外といいお値段するんですよね。もしも、購入して全然反応してくれなかったら無駄に思ってしまいますよね。絵本選びで失敗はない良かった3冊を紹介します。

どの絵本もミリオンセラーの名作です。

いない いない ばあ

誰もが知っているのではないでしょうか?という程の名作絵本です。発行部数640万部を越えていて日本で1番売れている絵本です。

もし、この絵本を知らなくても「いない いない ばあ」というフレーズは誰もが知っている言葉。

そして、赤ちゃんと遊ぶ時に(何も使わず)真っ先にやるのが「いない いない ばあ」ではないでしょうか?その言葉遊びが絵本になっているので読み聞かせをしている方も楽しめます。

ネコやクマさんが両手で顔を隠して「いない いない …。」と言葉があって、次のページをめくると

「ばあ」とパッチリおめめをした顔が一面に描いてあります。

出てくる動物は「にゃあにゃ(ねこ)」・「くまちゃん」・「ねずみ(絵本にはねずみと文字にはなっていなく、絵のみです。)」・「こんこんぎつね」・「のんちゃん(女の子)」です。5つのキャラクターで多すぎず少なすぎずで読みやすい数です。

絵の感じはレトロで「ばあ」の時の顔が、目がパッチリで口元に変化がないので「笑っているのか?」と私は少し笑顔に違和感を感じてしまったのですが…。子ども(赤ちゃん)には細かい表情はあまり関係ない様でとにかく「ばあ」の所は反応良く笑っていました。

単純に「いない いない ばあ」の繰り返しが、赤ちゃんや子どもにとって楽しく耳にも残るので読み始めが早い赤ちゃんは反応ないかもしれませんが、読んでいくうちに必ず反応し笑ってくれる時が来るでしょう。

また、読み始めがそんなに早くなくても、繰り返し知っている言葉なので言葉を理解できてからでも楽しめます。

私は、この絵本を誕生記念品で住んでいる市から頂きました。出生届を出しに行った時に頂いたので、赤ちゃんのお世話に少し慣れた生後2ヶ月頃から読み始めています。

始めは、全然反応なかったのですが1ヶ月ほど経った生後3ヶ月頃にはわかっていてかはわかりませんが「ばあ」の時に手を前に出し絵本を触ろうとしたり笑ったりと反応が見られるようになり、ハイハイして自分で動きたい場所にいけるようになってからは本棚の前でひっぱり出していました。

更に1歳頃には本棚から出して、ママの所に持ってきて「読んで」のような事を発し読み聞かせをすると喜んでいました。

この絵本は図書館にも置いてあるので、近くの図書館で借りて読み聞かせをしてあげてもいいと思います。また、Youtubeにも読み聞かせの動画があるので少し大きくなってきていて、動画に反応できる月齢(うちの娘の場合生後6ヶ月頃)ならこのYoutubeを見せてみて反応が良かったら買ってもいいとは思います。

ただ、必ず反応はする(最初はしなくても読み続ければする)ので購入しても間違えはないでしょう。

だるまさんが

この絵本はシリーズ化されていて「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」の3冊があります。この絵本も書店の絵本コーナーで必ず見る名作といえる絵本です。3シリーズの3作で累計228万部発行されています。

この絵本でも、日本人なら誰もが知っている「だるまさん」を語呂よく「だ~る~ま~さ~ん~がっ!」と、言葉遊びのような感覚で読み聞かせる事が出来ます。

この絵本も、「いない いない ばあ」同様言葉遊び感覚で読め、単調なので赤ちゃんの耳に残りやすく読んでいる方も、読んでもらっている方も一緒に楽しめる絵本です。

絵が可愛らしい「だるまさん」で赤いので赤ちゃんの目にも捉えやすい色なので赤ちゃんの反応もいいです。この「だるまさん」の眉毛と鼻の感じが何ともいえない可愛らしさがあり色の塗られている感じがソフトで柔らかいので赤ちゃん向けだなと感じます。

小さいだるまさんが6体「だるまさんが」の文字に合わせて描いてあり、次のページに「どてっ」・「ぷしゅーっ」・「ぷっ」・「びろーん」・「にこっ」の5つの擬音に合った表情や動きの絵が描かれています。

この5種類の擬音がまたおもしろいので読んでいる方も言葉にチカラが入ります。また、「だ~る~ま~さ~ん~がっ!」の言葉で次のページに期待ができる感じが赤ちゃんの興味を引くのと、言葉のテンポとリズムもいいです。

私は、この絵本を知ってはいましたが購入したのは娘が1歳になってからです。1歳の誕生日に購入しました。それは、1歳前からYoutubeでこの「だるまさんシリーズ」の読み聞かせに反応し、食いついて見ていたので私が読み聞かせても喜ぶだろうと思い購入しました。

結果は、予想通り本棚から引っ張り出しては広げて見ていたり私のところに持ってきて読んでのサインを出します。

もし、購入に迷ったらこれもyoutubeで読み聞かせの動画があるので赤ちゃんと見てから購入を検討してもよいかと思います。

ちなみに、この作者のかがくいひろしさんの作品は「だるまさん」シリーズ以外にも良い作品がたくさんありユーモアある作品ばかりで対象年齢も幼稚園の年長さんか小学校低学年くらいまでは楽しめる絵本がいっぱいで、どれも面白いです。

この「だるまさん」シリーズ以外に赤ちゃんによさそうなのは「おしくらまんじゅう」もいいかと思います。

はらぺこあおむし

この作品も有名ですね!日本だけでなく世界中で読まれている絵本なのではないでしょうか。

日本では通常の絵本では発行部数399万部ですがこの絵本内容は同じですがサイズが違ったり紙の質が違ったりと同じ絵本でも何種類もあります。なので、全てを合わせるともっとですね。

おそらくこの「はらぺこあおむし」の絵を見れば、かなりの人が1度は見たことがあると言っていいほどキャラクター化もされていますよね。

この絵本は「いない いない ばあ」と「だるまさんシリーズ」とは内容がある、お話(物語)になっています。卵からあおむしが生まれて毎日色々なフルーツを食べて最後にはさなぎになりチョウチョになるというお話。

「いない いない ばあ」「だるまさんが」と似て繰り返しになっているところは月曜日から土曜日までの6回を日替わりで様々なフルーツを食べる繰り返しになっている所です。

土曜日はフルーツではなく食べ物になっていますが赤ちゃんにとってはこの繰り返しがいいのだと思います。

ちなみに、土曜日に食べた物の中にピクルス・サラミ・さくらんぼパイが出てくるのですが作者のエリック・カールさんはアメリカ人なので馴染み深い食べ物ではあると思いますが日本人の私にはピクルス?サラミ?さくらんぼパイ?と子どもはもちろん大人にもあまり馴染みのない食べ物だなぁ~と感じてしましました。

一度読んでみるとわかると思いますがこの絵本、大人でも楽しい感じがするのでかなり長く読み聞かせできる絵本だと思うので、子どもがしゃべるようになったときにさくらんぼパイってどんな味?と聞かれたときに「…?」となりそうです。笑

「はらぺこあおむし」の絵は色の感じが独特で特徴的です。あおむしの絵に使っている色ひとつも緑ですが色々な緑があってなんとなく「ゴッホ」の絵の感じと似ている印象があります。

この絵本はあおむしが食べたということでフルーツの所は穴が空いているしかけ絵本です。

「はらぺこあおむし」は絵本もおすすめするのですが、合わせて歌も一緒におすすめします!

この歌はピカリンこと二本松はじめ先生が作曲で新沢としひこ先生が歌をうたわれています。どちらも、保育界では超有名人です!

二人とも以前保育の仕事をしていた時に、講習会を受けた事がありますが尊敬できる人たちでこの「はらぺこあおむし」の歌を生で聴いた事があるのですが、良い歌声とテンポでとても感動しました。

赤ちゃんの時期には音楽も良いので、絵本に合わせてCDもおすすめです。CDじゃなくてもyoutubeでも見られるので、まずは見せてみて反応があったら購入しても良いかと思います。この絵本は赤ちゃんだけでなく長く読み続けられる絵本です。

まとめ

絵本の読み聞かせは必ず読み手がいなければならないので、赤ちゃんと関わる時間ができます。

忙しくてなかなか赤ちゃんと関わる時間がないと、ついおもちゃで一緒にちょっと遊んでそのままその場を離れて家事をする。なんてことはないでしょうか?

私も、子どもが一人で遊んでくれていると今のうちに家事を済ませちゃおう!とその場を離れます。だからこそ、絵本の読み聞かせでしっかりと関われる時間を赤ちゃんの頃からつけておけば幼児や児童へと成長していった時に、絵本の時間に関わる時間が必ず持てると思います。

最初に挙げた、絵本の読み聞かせをしていて、1歳までに私が感じた子どもの成長に効果があったな。と思う点の

  • コミュニケーションの一つとして赤ちゃんと関わる時間が増えた。
  • 言葉がでるのが早かった。
  • 経験を通して知るだけでなく絵本からの知識も付く。
  • 表情豊かになった。
  • ページをめくる事によって、指先を使うので指先が器用になる。指先を使う事は脳の活性化にも良いです。

これらは、他のことでも成長が見られると思います。特に言葉が出るのが早いというのは絵本はそんなに影響ないかもしれませんが、一番重要な点は「コミュニケーションの一つとして赤ちゃんと関わる時間が増えた」ではないでしょうか。

子どもの成長が進むにつれ子どもが一人で遊べるようになってくると、だんだんと関わる時間が減ってもきてしまうので、きちんと関わりを持つ時間を作る癖付けとしても早くからの絵本の読み聞かせをおすすめします。

私の推薦した3冊は、読みやすいので読み手側も読むのが大変な物ではありません。

ちなみに、私の主人は子育てを積極的に行うタイプではないですが「はらぺこあおむし」はyoutubeで聞いてて覚えたのが歌を口ずさみながら娘に見せていました。

youtubeは教育方針の考え方などによって善し悪しがあるとは思いますが、絵本への導入として使うのもいいのかと私は思っていますので見過ぎない程度にyoutubeを使うのもいいと思います。

ただ、絵本の読み聞かせをyoutubeで済ませないで下さいね!

コメント