子どもちゃれんじベビーを11ヶ月購読してみての感想とその内容

教育

生後11ヶ月になると、指先を上手に動かせるようになってきます。

【こどもちゃれんじ】ベビーの11ヶ月号は、その指先が器用になってくる頃に合わせての教材でした。

娘の遊ぶ様子と感想です。

スポンサーリンク

子どもちゃれんじベビー生後11ヶ月号のおもちゃ(エデュトイ)

内容はすいすいルーピングコースター

ルーピングコースターやビーズコースターとよばれている物。

おもちゃとして買うともっと複雑だったりビーズがたくさん付いていたりしますが、子どもに与えてみての感想はこれで十分!です。

うちの娘は届いた当初そんなに器用に動かす事が出来ず

とりあえず舐める。笑

でした。

動かしたいけど、うまく動かす事が出来ないのでとりあえず舐めては触るという感じですね。

でも、この舐めている場所!実はねらいがあるようです。

説明では、この舐めているオレンジ色の部分は「触るとくにゃっとする赤ちゃんに人気のパーツ」

つまりは、狙い通り我が娘は舐めた!と言う事ですね。

触るとは違う!と言う方もいるかと思いますが、赤ちゃんは手で確かめると言うより舐めて確認です。なので、このおもちゃの狙い通りだった。と言う事です。

1つのおもちゃの中に素材が違う感触の物があるのは、赤ちゃんにとって飽きないと感じました。

ビーズで遊べなくても、このオレンジのところを舐めたり触ったりしていました。

遊んでいくうちに、経験しビーズの方に興味を持ち遊び始めていました。

生後1年経った今も見ると触って遊んでいます。

ちなみに、今では上手にビーズを上から落としたりと掴むのもうまくなったので遊んでいて楽しそうな様子がうかがえます。

生後11ヶ月号のエデュトイのまとめ

感想をまとめると

  • 複雑すぎないのがいい。
  • 1つのおもちゃに色々な素材のものがあるので飽きない。
  • 生後10ヶ月号で届いたおもちゃとも組み合わせて遊ぶ事ができる。
  • 短命ではない(長く遊べる)

が、良いと思った点です。

ここ改良して欲しいなと思う点はなかったので、この「すいすいルーピングコースター」はとてもいいと感じました。

子どもちゃれんじベビー生後11ヶ月号の絵本

生後11ヶ月の絵本は「とって とって」でした。

娘は生後10ヶ月号の絵本はあまり食いつきよくなかったので、今回はどうかな?と思ったら、結構いい反応!

しかけ絵本で、くだもののパーツが付いていてそれをマジックテープのところからはがしたりくっつけたりするというしかけ。

この絵本のねらいは「とって」「どうぞ」のやりとりの理解。

届いた時点では、そんなに理解はしていなかったのですがはがしたり、くっつけたりが楽しくて何度も読み聞かせているうちに「どうぞ」の理解が出来るようになりました。

ただ、渡すと自分の手元からなくなってしまう事が嫌のようで差し出すだけでした。

また、このくだもののパーツはとても気に入って(手に持ちやすいようです。そして少ししゃかしゃかの感じの音がします。←赤ちゃんの好きなビニールのような音)絵本を開いてくだものだけを持って(くわえて)いました。

なので、「さぁ!読もう!」となった時にこのくだもののパーツがない。と言う事が多々ありましたが、親子で一緒にやりとりしながら楽しめる絵本です。

生後11ヶ月号の絵本のまとめ

感想をまとめると

  • 親子でやりとりが出来るので子どもと一緒に楽しめる。
  • くだものの名前を教えたりとアレンジもできる。
  • 大きいので手先のまだ器用でない赤ちゃんにも簡単に取る事ができる。
  • くだもののパーツが手になじむ大きさで良い。

 

がいい点です。

改良して欲しいと思った点は

 

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • くだもののパーツがなくなりやすい。
  • くっつけて絵本を閉じるとかさばる。

しまえるポケットが外側についていたらいいなぁと感じました。

まとめ

今回の(生後11ヶ月号の)【こどもちゃれんじ】ベビーも、おもちゃ・絵本も共にとても良い上に、一緒に届く冊子も本当に良い!

見開き1ページ目のちょっとした詩に毎回涙が出てしまいます。

ここを読むとうるっときます。親心がわかっているという感じで、育児の疲れや悩みを優しい言葉で応援してくれている感じです。

そして、おもちゃや絵本の説明もしっかり書いてくれていますのでどんな事が狙いなのか、言葉の掛け方だったり、一緒に遊ぶ時はどうやったらいいか?等細かく書いてもあります。

また、離乳食についてもレシピが載っていたので参考にもなりました。

ちなみに、子どもちゃれんじのおもちゃは「知育玩具」です。

この月の冊子には0歳からの知育で遊びながら、考える基礎を育む」とうたっています。

子どもが好きなキャラクターのおもちゃも買うことも増えてはきましたが、やはり知育玩具で遊んでいると集中しているのが明らかにわかります!初めは舐めたり触ったりくらいだったのですが、だんだんと何回もちょうちょをくるくる回したりして遊ぶようになり遊びに集中するようになりました。一緒に遊ぶ事で指先が器用になった事がとても良くわかります。

また、特別このおもちゃで遊んでもらいたいからといって、おもちゃを出しておくということはしていないですが、このすいすいルーピングコースターが届いてからはおもちゃ箱に手を伸ばすと、まずこのすいすいルーピングコースターを取り遊ぶ事が増えました。

一人でも集中している時がたまにあるので、この11ヶ月号は娘にとても合っていたと感じました。

始めるのはいつからでもできるので、もし興味がある方はぜひ試して下さい!

金額以上の内容がたくさん詰まっているので【こどもちゃれんじ】ベビーは、本当におススメです!

コメント