断乳2日目で痛みに悩まされた時にしたケアの方法と旦那にお願いした事

育児

断乳を始めると、おっぱいの痛みに悩まされます。

私が断乳を始めて2日目の時は、おっぱいがカチカチに硬くなりました!

その時は、カッチカチでちょーーー痛い!ってなってけど、耐えました。

だって、勝手におっぱいを娘から絶たせて、私が痛いからと言って、娘にやっぱり飲んでいいよってなったら、さすがに身勝手すぎるから。

出産すると赤ちゃんにおっぱいを与えられるよう母乳が作られますが、やめると脳は「母乳を作る」という指示を出します。
だから赤ちゃんに与えなければ、おっぱいの中で母乳がたまっていきます。

これによりおっぱいどんどん張って更に痛みが出てくるのです。

そこで、私が断乳した際に痛かった時の対処法をお伝えします。

[memo title=”MEMO”]断乳4日目くらいで赤ちゃんは母乳を求めなくなったので、辛いですが頑張りましょう![/memo]

スポンサーリンク

断乳で痛かった時のケアは保冷剤が良い

断乳は2日目が一番キツイって言われています。

私も先ほど書いた通り、ちょー痛くてやめたくなりました。
でも、ここで辞めたら断乳の意味がないです。

断乳でおっぱいが張っていたら、胸にアイスノン(保冷剤)を乗せて冷やすと痛みが和らぎます。
ただし、アイスノンをあてるだけでだいぶ痛みが和らぎますがそれでも痛いです。

それでもまだ痛かったので、少し自分で搾乳しました。

自分で搾ってもそんなには出てこないので痛みは引かないですが、搾らないと腫れが酷くて腕が挙げると痛かったです。
(※やりすぎは良くないので注意しましょう。)

なので、おっぱいが張ってしまったらガマンせず冷やすのと搾乳をして下さい。

ちなみになぜ断乳すると痛いかというと、断乳しても脳の中ではまだおっぱいが必要と指示がされて、しばらく経つまではおっぱいが作られるからです。
その際、おっぱいを与えないとどんどん詰まっていきます。

そうすると、胸が信じられないほどカチカチになり痛みも出てきますし胸に熱がこもっておっぱいが熱くなります。
そのせいで、乳腺炎になり熱が出てしまう人もいます。

なので、断乳の時はママも覚悟を決めてください。

断乳で痛い時は母乳外来もオススメ

冷やしたり搾乳しても痛かった場合は母乳外来に行くことをオススメします。

母乳外来の中でも私のオススメは「桶谷」です!

授乳のときに乳首が痛くなってしまう原因と対策法」でも紹介しましたが、「桶谷」でおっぱいマッサージをしてもらって痛くないようにおっぱいマッサージをしてもらって母乳を出しきってもらいましょう!

あまり腫れるとシコリが残ってしまう場合もあるので痛かったら「桶谷」へ行く事をお勧めします。

断乳は旦那の協力が必要

まず、赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲めるというのは必須条件です。
もし、ミルクを飲んでなければ断乳の前にミルクを飲めるように段取りしておいてください。

娘の場合ミルクは飲めていたのでいきなり始めてしまいました。

しかし断乳はかなりキツイので、家族に断乳する旨を伝え協力をしてもらえるよう話合ってから始めるべきです。

と。いっても協力してもらうのは身近にいる旦那さん。

これが厄介ですよね~。
(なんて、悪口みたいになってしまうけど…。)

おそらく、女の人の脳と男の人の脳が違うので育児に関して協力してもらうというのはイクメンが流行ってはいて育児に参加してくれる人が増えたと言えども難しいですね。

期待するとイライラが募ってストレスになるのでやって欲しい事はちゃんと言葉にして伝える事が大事です。

しかし、おっぱいの張りで痛くて何もやる気が起きないしやりたくても痛くてできない。

なので、できれば手伝ってもらえるよう頼んでおいてご主人がお休みの日か休みの前日からスタートするのがいいです。

私は、「できる限りやるけど痛くてできない所は伝えるから協力して。」と伝えました。

期間と内容を明確に決めてお願いすると効果的

家庭によってご主人が育児にどのくらい参加してくれるかによって違ってはくるとは思います。

ですが「猫の手も借りたい」というように育児って本当に大変だからこそやってもらえるところはやってもらいましょう。
全く手伝ってもらえないという場合はしょうがないですが・・・。

私の場合、断乳をする事を主人が仕事へ出る前に伝えました。

しかし、朝はバタバタしていたので「断乳する」と伝えただけ。

なので話し合いは主人が帰宅してから。

私は「明け方の添い乳が嫌で、断乳すると朝まで寝て起きない。」という効果がある事を力説し、その効果がいつでるかはわからないが、2週間やって効果がなければ諦めるけど効果があるかもしれないから、とりあえず2週間は断乳に協力をして欲しいと伝えました。

まず、協力して欲しい事が何か伝えました。

まず、「断乳を始めて2週間は夜中の添い乳もミルクも泣いても与えない。」という事。

スパルタのように感じますですが…

娘が泣いているとすぐに「おっぱいなんじゃないの?」と言うので、おっぱいだけじゃないというのもわかって欲しかったというのもありました。

もし、泣いているのが可愛そうに思ってミルクをあげた方が良いと考えるのであれば、私は抱っこであやす方法を取りたいからミルクを与えないので、見かねたら自分で作って与えてと言いました。

とりあえず私が決断した日に話したのはこれだけでした。

断乳しておっぱいが張った時、旦那さんにお願いしたい事

断乳への協力を話したものの実際始めると、おっぱいが張って痛くなりました。(想像していないほど張りました。)

その時に絶対にお願いしたいことといえば、

赤ちゃんを抱っこする事!

これが一番ですよね?

なので、主人の協力無しでは辛かったのです。

断乳始めたのは金曜日(主人は土日休みです。)そしてこの週末はたまたま3連休。
タイミングよかったと思いました。

金曜日の夜におっぱいが張ってきて一日ぐったりでした。抱っこするのも辛かったです。

そして夜、娘をお風呂に入れなければならないのが大変でした。

主人に早めに帰って入浴の手伝いをしてもらえるように頼んだのですが、平日は仕事が忙しくいつも帰宅が遅いので頑張って自分で入れることにしました。

(今思うと、無理やりお風呂に入らなくても良かったと思いましたがお風呂に入らないのは可愛そうと思って頑張ってしまいました。)

そして、主人が帰宅してからおっぱいが痛い事を伝え週末の娘をお風呂に入れるのをやって欲しいと頼みました。

主人は快く快諾してくれました。

そして、一番頼みたかったのは

そうです

抱っこ。

主人は自分が抱っこしても泣き止まないからママの抱っこが一番と言っていたのでやってくれるかが心配でした。

とにかく、おっぱいの痛みを訴え、酷くなると乳腺炎になり入院してしまう可能性もあると話しました。

娘が夜中泣いて起きたときは私も起きて隣にいるから抱っこはお願いと協力を頼みました。

すると、胸の張りを見て「大丈夫だよ、できることは協力するから言って」と。

痛みに耐えていたので優しい言葉にポロリでした。

普段気を遣ってやって欲しい事をあまり言えないのですが、やって欲しい事はきちんと言葉にするべきだと思いました。

しかし、実際この言葉もったのは1日半。

あとは、進んではやらないし、やっぱり「ママの抱っこが一番」なんて言いながら本人はぐぅすか寝ていました。

子育てって親が協力して行うものなのに…。

旦那に対しイラっとしちゃうこともあるから大変!

(愚痴はたくさん過ぎるのでまたの機会に。)

とはいえ、大好きな人との赤ちゃんですので頼み方を具体的に伝えるようにし一緒に頑張ろうと話し合って協力をしてもらってください。

ご主人の性格によって頼んでもやってもらえなかったりもあるかと思いますが、頼んで1回でもやってくれたらラッキーくらいの気持ちで頼んでみてください。

最後に

子育てって本当に大変です!

教育方針が考え方によって人それぞれですし…。

断乳するにしても人それぞれ考えは違うと思いますが家族の協力はとても大事です。

断乳を始めて痛みが起きてしまったら、ガマンしてしまうと今後の子育てに影響するし、ママの体が健康という事が重要ですので決して我慢しないで下さい。

痛みがあったら、冷やす・搾乳する・協力してもらう。

痛みに耐えられなかったら、母乳のスペシャリスト「桶谷」へ行ってください!

もし、近くに「桶谷」がない場合は母乳外来へ行くことを勧めます。

ストレスや痛みをためないで頑張ってくださいね。

コメント