赤ちゃんがいる育児中のママが風邪をひいてしまった時の対処方法

育児

寒くなってくると、風邪の流行が心配です。

さらに11月頃から毎年インフルエンザにかかってしまった。という話をちらほら聞きます。

そして、1月・2月になるとあちらこちらでインフルエンザになってしまった。という話を耳にし、ニュースでも予防について特集が組まれるほどですね。

予防して風邪をひかないように気をつけていても、免疫が弱っていたりタイミングの問題で風邪をひいてしまうこともあります。

風邪をひいてしまったら、治すしかないんです‼︎

風邪を治すには何が1番かというと、休養!

薬を飲んで寝るのが1番です。

ただ、育児に追われるママにこの「休養」って難しいって感じるママも多いのではないでしょうか?

実際、私も風邪をひいてしまった時や体調悪い時に子どもの世話や家事・旦那のご飯をどうするか悩み無理に動いていました。

しかし、体は悲鳴をあげるんですよね…。入院しました。これじゃあ、意味ないんです。

責任感が強くて、誰にも頼れないと思ってる人へ向けて言います

「無理をしてラクになることはない。ラクすることを今すぐ考えてください。それが回復への1番の近道です。」

もぉ、本当にこれです。

風邪をひいたり、体調悪くして我慢してアレコレやっても赤ちゃんや子どもから「ママ、ありがとう」なんて言葉ないですよ。旦那さんからも「ありがとう。」という言葉を期待してはいけません。

とにかく、自分がすぐに回復したいのなら辛い時は頑張らずにすぐに休む!ラクする!これが1番なんです!

ラクすると言っても回復したらやるんですから、結局ラクし続けるわけではないですからね。

短期集中で回復できるように、休んでください。自分の体もラクですし、迷惑かける時間も少ないです。

では、誰も頼れる人がいないのにどーやって自分がいかに休養できるか?工夫できる範囲でやってみましょう!

私がやっている「ママが具合悪くなった時の回復のための休養をいかにとるかの工夫」を紹介します。

スポンサーリンク

風邪の回復はとにかく寝る!自分が寝るために家事はやらない!

真面目な人ほどこれができないんです。

やらなきゃいけない使命感に襲われるんですよね…。

私は自分の性格を理解していなかったのですが、風邪ひいていても具合悪くてもやらなければいけない事はやる!

と言って、旦那が仕事に出た後にフラフラしながら家事をやっていました。

旦那が帰ってきて、それに気付き「ありがとう。辛いのに無理させちゃったね。」なんて言葉をかけてもらう事はありませんでした。

なんなら、夕飯作ったのに「具合悪くて大変だと思ったから外で食べて帰って来ちゃった。」なんて事も。

ある意味優しいですが、双方の思いが噛み合わず私的には「具合悪い中作ったのに(イライライラ)」と。

でも、これって自己満なんですよ。

具合悪いのにイライラなんて余計具合悪くなるので、こんな感じで頑張っているママはすぐにその考えやめましょう!

まず、掃除、洗濯、買い物はやらない!

この掃除、洗濯、買い物をする気力を封印してとにかく今すぐ、布団に入って寝てください!

眠れなくても横になってゴロゴロしていいんです!とにかく、気にせずに横になってしまいましょう。

掃除、洗濯は回復してからで全然大丈夫です!あなたの風邪が何ヶ月も治らないわけではないので。

とは言っても、そこで気になるのが赤ちゃん、もしくは幼い子ども。

いると休めませんよね〜。

そーなんですよ。いくら家事をやらないって事ができたとしても、赤ちゃんや子どもの面倒は自分が見るしかないんです。では、どうしますか?

赤ちゃんがいるのに親であるママが風邪をひいて体調悪くした時の乗り切り方

体調悪くなる前に、予防していれば…。と嘆きますが、いくら予防していても風邪をひくときは風邪をひくんです。

体調管理の問題ではありません。

余談ですが、私は真冬でも半袖で過ごしたり、お酒飲み過ぎてソファーで何もかけずに寝てしまっても風邪をひかないのに、何故かいつもしないマスクしてしっかり風邪予防している時に限って、風邪をひく時があります。

まったく、不思議です。なので、あなたが具合悪くなって、誰かから「親なのに体調管理がなってない」なんて言われたら、聞き流してくださいね。

心の中で、(それは運です!)と言っといてください。

では、赤ちゃんや子どもがいる時にどーやって自分がいかに寝るか。

赤ちゃんがいる場合の授乳やミルク編

赤ちゃんの場合は授乳があるので、ミルクでない方は授乳ってできるの?と考えますが、薬を飲んでいなければ授乳はできます。

ちなみに、薬を飲んでいても授乳できる物もあるので病院へ行けるようであればお医者さんに相談しお薬を処方してもらってください。

(ここで、絶対やってはいけないのは自己判断です!自分で判断して市販の風邪薬を飲んで授乳しないでくださいね!必ず病院へ行って薬を処方してもらってください。)

授乳ができるので、赤ちゃんの授乳で悩んだ方は寝ながらの授乳でも大丈夫なので無理せず起き上がらず赤ちゃんの隣で寝てください。

ミルクをあげてる人は少し大変かと思いますが、水筒にお湯を入れ、サッと作れるようにしておきましょう。

寝室から台所が遠い場合は、枕元にミルク一式を置いておくとわざわざ立ち上がる必要はありません。

その場合、赤ちゃんと手に届かない所において安全を保ってくださいね。

ママが寝てる間に、お湯がこぼれたってなったら大変ですので。

ちなみに、哺乳瓶の消毒は電子レンジで時短でできますので電子レンジがおススメです。

タッパーなどの容器があればすぐにできますので。

とにかく、自分がいかに寝られるようにやらなければいけない事は時短。赤ちゃんにはとにかく一緒に寝てもらう!が1番です

離乳食が始まってた場合は、絶対に離乳食を食べさせなきゃいけないということはないので、ミルクや授乳で済ませて大丈夫です。

どうしても、という方はベビーフードを与えてください。薬局にも売っているので自分の薬や飲み物を買いに行ったついでに何個かまとめて買うのがいいでしょう。

もし、ネットで頼めるのならAmazonのプライム会員なら次の日に届くのでそれを利用するのが自分が動かずいられるので1番の手ですね!

ミルクを飲んでる月齢であれば離乳食は絶対ではないので、1日や2日くらいはなくても大丈夫です。

赤ちゃんがいる場合の授乳や泣いている赤ちゃんのあやし方

授乳、ミルクよりも泣いていて泣き止まない。

これが1番の悩みですね…。

ママは寝たいのに、赤ちゃんが同じタイミングで寝てくれない…。

具合悪い時に辛いですよね。

サクッと寝てくれる1番はやはり、授乳ですね。赤ちゃんが泣いたら授乳です。

添い乳が1番寝てくれるので授乳している方はこの方法で赤ちゃんをいち早く寝かせて自分も寝ましょう。

厄介なのが、ミルクの場合。

規定量あるし…。と考えますが規定量は多少多くあげたり少なくても問題ないです。

泣いた時にお腹が空いているようであれば、ミルクあげましょう。お腹がいっぱいになれば飲まないし、寝てくれる可能性が高いので。(回復して、ママが元気な時は規定量に気をつけましょうね。)

そして、もし残してしまったら絶対に捨ててください。もったいないし、次起きるの辛いからといって残したものを与えるのはやめてくださいね。

ミルクを飲んで寝てくれれば最高ですが、寝なかった場合は赤ちゃんの泣き声が気にならないのであれば、赤ちゃんの隣で一緒に横になり寝てしまうのもアリです。

私は具合悪くない時から、生後6ヶ月頃から抱っこして寝かしつける事はしませんでした。夜、寝かしつける時に泣いていてもオルゴールの音楽を小さくかけトントンとやりながらいたらしばらくは泣く日が続いていましたが、気づいたら布団に転がせると勝手に寝るという魔法を手に入れました。

ちなみに、その魔法を手に入れてからは昼寝の時も布団に転がすと勝手に寝るし、少し大きくなって動けるようになってからは自分から布団に入って勝手に寝ます。

泣いてるからといって、抱っこする必要はないんです。

隣で愛情を与えれば赤ちゃんにも伝わるので具体悪いのなら、なおさら抱っこしてあやさなくても大丈夫ですよ。

周りに危険な物がなく、ミルク後にしっかりゲップしていて逆流の心配なければ多少泣いていても隣でトントンとさすりながら一緒に寝てしまうと赤ちゃんもいつのまにか寝てくれてます。

赤ちゃんではなく幼い子どもがいる場合

赤ちゃんも大変ですが、動けるようになると実はもっと大変!

何がって、寝てる間に何が起きるかわからないから。

まず、大事なのは寝る前に危険な物がないか確認すること!

子どもって何するかわからないんですよね。

一緒に寝室へ行っても、いなくなってたり…。

寝室の扉をしめても、何が起きるかわからないので、危険な物は手の届かない所にしまいましょう。

娘の場合、私が具合悪くて寝ていたらテレビ台の上によじ登りその上から私をめがけてダイブしてきました。

具合悪い時に、更に具合悪くなった感じがしました…。まさしく、泣きっ面に蜂。

そこで、寝室におもちゃを思っていくといいですね。

布団やベットで遊ぶことになりますが、おもちゃが散らばるくらい問題ないですね!

とは言っても粘土や散らばる物はやめた方が賢明です。あとは、おもちゃを投げて自分に当たったら痛いので(経験あり)ぬいぐるみがベストです。

遊び飽きたら、勝手に寝てくれる場合もあるのでママと一緒に寝室へ行きママは横になってゴロゴロと寝ていましょう。

ご飯編

子どものご飯、悩みますね…。

納豆ご飯でも、具のないうどんでもいいと思いませんか?

お粥一緒に食べても全然いいんですよ!

ママが元気になったら美味しいもの作って食べさせてあげればいいんですよ!一年のうち風邪引いて動けない程になるのは指で数えられる程度ですから。

無理して作る必要ないので、ママが食べられる物を作ってあげるのが1番です。

ちなみに、無理して3食作る必要もありませんからね。朝ごはん食べられなくても、そんなに問題ありませんよ。

子どもの他。旦那さんのご飯は?

外食してもらいましょう。我が家は、外食喜びます。

なんなら、会社帰りに自分のご飯もテイクアウトしてきてもらうのもいいですね!

とは言っても、奥様のご飯が食べたい人もいるのでそんな人にはお惣菜を皿に盛って自分が作ったかのような顔をして出すのがいいです。

でも、それはちょっと…。

というのであれば、冷凍。冷凍もちょっと…。というのであれば、オイシックスがいいですね!

オイシックスは簡単だし、とっても美味しいです。

さっと炒めてお皿に盛れば手作りです。

まとめ

風邪をひいてしまうのは、体調管理が悪いからではなく運の問題が多いです。

普段から、予防のために手洗い・うがいを徹底するのは必要ですが風邪をひいてしまったらいかに早く治すかが大事です。

無理してもいいことはないので、できるだけ休養を取れるように家事・育児の手抜きをしましょう!

コメント