哺乳瓶の消毒を短時間で簡単にする方法

育児

赤ちゃんにミルクを飲ませる時に必ず使う哺乳瓶。この哺乳瓶の消毒って毎回めんどくさいですよね。家事・育児に追われていると後で哺乳瓶まとめて洗おう!と思っているとつい次のミルクの時まで洗い忘れたり、消毒し忘れたり…。

消毒し忘れたからって、洗ってそのまま使うのってどうなんでしょう?やはり、赤ちゃんは菌に対して抵抗力がないので必ず消毒はしないといけません。

私は哺乳瓶を消毒する際、煮沸消毒をしていましたので時間もガス代もかかるし哺乳瓶をお湯から出す時に何度も火傷しそうになるしで大変でした!ちなみに、持っている哺乳瓶は2本。(煮沸消毒しながら、いつ哺乳瓶の本数を増やそう?と思っていました。)

煮沸消毒で大変だったときに、ちょーー簡単に消毒できるものに出会ったんです!

なんと消毒時間たったの5分!身近な物を使って簡単にできる!

ちなみに、煮沸消毒だと沸騰してから10分くらいはグツグツ煮ていないといけません。沸騰してから10分なので哺乳瓶が入る鍋でお湯を沸かすのにも時間がかかりますので15分以上は消毒が終わるまでには時間がかかってしまいます。

また、ミルトン等の消毒液につける方法もありますが1時間以上浸けておかなければいけませんのでとても時間がかかります。

5分でできる消毒方法とは何でしょう?

それは、電子レンジです!

タッパーに入れて、電子レンジで5分チンするだけで消毒終了です。後は次のミルクで使う時まで自然乾燥しておけばいいので楽チンです。

これなら、自分ができない時にパパに1回やり方を教えておけば男の人でも簡単にできるし時間もかからないので負担になりません!

産後、家事・育児で追われて大変なので普段消毒や消毒液での消毒方法をしている方でも、この方法を知っておくと時短にもなるし、簡単なのでお手伝いもお願いできちゃいます。

では、簡単に消毒できる電子レンジでの消毒方法を紹介します。

スポンサーリンク

哺乳瓶を電子レンジで消毒する方法を動画で紹介

100均の容器を使って哺乳瓶を電子レンジで消毒する方法

哺乳瓶の消毒がたったの5分でできる電子レンジでの消毒方法

電子レンジ専用の容器も売っています。物によりけりですが、1本入るものから数本まとめて入るものもあるようです。

ただ、専用容器がなくても100均等のタッパーで代用可能です!

私は、セリアのタッパーを購入しタッパーを使って電子レンジで消毒していました。

哺乳瓶の電子レンジ消毒に適したタッパー

私は、100均(セリア)のLOCK PACKというシリーズのタッパーを使用していましたが他のものでも大丈夫です!

ただし、適したものの条件が2つあります。

電子レンジで使用可能なものである事。

哺乳瓶が縦にして入ること。

この2つの条件は絶対です。

セリアだけでなく、他の100均でも売っていると思うので近くの100均で探してみてください。

電子レンジを使っての哺乳瓶の消毒の手順。

電子レンジにかける時間は50ccの水を入れて1本なら3分、数本なら5分です。

①哺乳瓶を綺麗に洗う

哺乳瓶を洗う用のスポンジがあると便利です。(棒の先にスポンジがついているもの)

100均に売っているもので十分綺麗に洗えます。

ガラス製のものにはナイロン製のブラシ・プラスティック製のものにはスポンジブラシをオススメします。

哺乳瓶は飲み終わってすぐに洗えるなら洗っておいた方がいいです。しかし、忙しくてすぐに洗えない場合はゆすいで(ミルクのカスなどが残らない程度)水を入れて浸しておきましょう。

②全てをタッパーの中に入れる

綺麗に哺乳瓶やその他の付属品を洗い終えたら水を切り消毒するもの全てを哺乳瓶は口をしたにしてタッパーに入れます。

③50ccのお水をタッパーに入れ、タッパーの蓋をする

水は水道水で大丈夫です。また、50ccは哺乳瓶の50のメモリの位置まで水を入れると簡単に50ccを計れます。そして、フタを閉める際は完全に閉めずに少し開けてください。

④500wで3分から5分電子レンジでチンする

哺乳瓶1本であれば3分、数本まとめてなら5分です。

レンジに入れて1分くらい経つと中の水が沸騰してきて蒸気が出始めます。

⑤電子レンジから取り出して中のお湯を捨てる

5分経ったら電子レンジから取り出して中のお湯を捨てます。この時、かなり熱いので火傷をしないように注意してください。私は鍋つかみをして取り出しています。そして、蓋を開けて蒸気を逃してから中のお湯を捨てています。とても熱いので火傷に気をつけてくださいね!ちなみに中のお湯を捨てるのはすぐでなければいけないということはないのでさめてから哺乳瓶などを取り出してもいいです。

⑥乾燥させる

そのまま乾燥させても大丈夫ですが、キッチンペーパーを敷いた容器に入れ替えて乾燥させると衛生的です。その際キッチンペーパーは毎回交換してください。

哺乳瓶を電子レンジで消毒する際のお勧めの専用容器

哺乳瓶を使っていると、何本もまとめて消毒できた方が楽だろうな~。と思いがちですが、だいたい3時間くらいは時間を空けて授乳なので、何本も溜まってしまうというケースはあまりありません。

ですので、1本専用の容器で十分だと思います。また、値段も1000円ほどなのでお手ごろです。

1本だけでは足りないかもしれないと思う方は、電子レンジでの消毒も消毒液での消毒も可能なものがおすすめです。

これなら3本入るし、電子レンジ消毒も消毒液も使えるのでもし電子レンジの消毒が不安と思ったら消毒液にもできるのでいいでしょう。

哺乳瓶の消毒は最低でも生後4ヶ月まではすること。

電子レンジを使えば簡単に消毒ができますね。ただ、洗うだけと比べたら消毒もしなければいけないのはめんどくさい!しかし、最低でも生後4ヶ月まではしてください。

生後4ヶ月頃になると、色々な物を舐めたりし始めますので消毒までしなくても綺麗に哺乳瓶を洗えていれば問題ないでしょう。ただ、消毒をしない場合はキチンと綺麗に哺乳瓶を洗ってくださいね!

また、消毒をやめるタイミングはご自身の管理ですので必ずいつまでというわけではありませんので目安です。

自信のない方は、しばらくは哺乳瓶を消毒することをおすすめします。ちなみに、私は生後6ヶ月までは哺乳瓶を消毒していました。

そして、哺乳瓶も生後6ヶ月まではガラス製の物を使用しその後様子を見てプラスチック製に変えました。

まとめ

赤ちゃんが産まれ、育児に追われていると慣れないことだらけで一日があっという間に過ぎてしまいます。

哺乳瓶の消毒も慣れるまでが大変です。慣れてからでも、煮沸消毒であれば寝不足の中熱湯を使うので火傷もしかねません。消毒液に浸けるのも時間がかかりますので哺乳瓶の本数は増えてしまいます。

その点電子レンジでの消毒なら、煮沸消毒や消毒液を使っての消毒より時短できるし簡単です。少しでも簡単な方法で消毒を済ませ自分の時間ができると赤ちゃんのお世話にも余裕ができてきます。

また、タッパーを用意するだけなので1度試してみる価値はあると思いますよ。ちなみに、哺乳瓶が入るサイズのタッパーを使用するため、消毒液を使っての消毒の際にも使えますので旅行の際に哺乳瓶を入れて持っていくこともできます。

その際哺乳瓶がガラス製の物を使用している場合は、タオル等でくるんで割れないようにしていってくださいね。

ご自身に合った簡単な消毒方法を見つけてください。

 

コメント