小さな結婚式の評判や口コミは?実際に体験した全てを公開

結婚式

小さな結婚式で結婚式を挙げようと思っているけど、評判とか口コミとかどうなのって気になりますよね?

私もあなたと同じように結婚式を挙げるときに、どうなんだろうって調べたけど実際に体験していてちゃんとした口コミになる意見が見つけられなかったです。

でも実際に、少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】で67000円で挙式が挙げられるということだったので少し話を聞きに行こうと見学がてら見に行ってきました。
そこで、10月に行ったのですが丁度キャンペーンを行っていて内容は同じで48000円で結婚式を挙げることができたのです!

10万円はかかるもんだと思っていたので、5万円以下でできると聞いて即決で小さな結婚式で挙式のお願いをしました。

実は私は、結婚式を挙げるまでは「結婚式はしなくてもいいや・・・」とほとんど諦めていましたが、小さな結婚式のおかげで格安で挙式を挙げることができたのです。

だからこそ、もしお金がなくて結婚式を挙げないという選択肢を持っているのならば諦めないで下さい!

結婚式は絶対に挙げた方がいいです!

ウェディングドレスを着れるのは結婚式の時だけですよ!どんなパーティーに行ったってウェディングドレスは着ることができません!

私は、産後に結婚式をしたので産後って体型も崩れてしまってるし、一気に老け込んでしましましたが、ウェディングドレスを着た姿を主人が「キレイだよ」って言ってくれて幸せな時間を過ごすことができました。

たくさんの人を呼んで披露したわけではないですが、自分の知っている人たちに祝福してもらって、「キレイ」と言葉をかけてもらえるのって本当に幸せな事なんだと感じました。

なので、小さな結婚式を利用しようか迷っているときに参考になるように、私が行った小さな結婚式でのウェディングプランを教えちゃいます!



スポンサーリンク

小さな結婚式でのウェディングプランと料金

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】で確認できますが、ウェディングプランのオプション内に含まれる物は

  • 挙式料(人前式)
  • 衣装レンタル(ウェディングドレス・タキシード)
  • 小物レンタル(ヴェール・アクセサリ・靴・グローブ等)
  • 写真(1カット)
  • 司祭者(式進行)
  • 音響・証明
  • 式場装花
  • 新婦ヘアメイク
  • 新郎新婦着付け
  • 結婚証明書

そして、ゲスト(参列者)は式場によって上限人数はありますが何人呼んでも料金が変わることはありません。

また、あくまで結婚式のみのプランでこの価格なので会食等はもちろん含まれていません。

細かく説明していきましょう。

挙式スタイルは人前式

結婚式のスタイルは、教会式・神前式・人前式の3つあります。小さな結婚式で行う挙式は人前式です。

だいたいイメージは付くと思いますが教会式はウェディングドレス、神前式は和装。

人前式は教会式とほぼ同じでウェディングドレスです。大きな違いは神父さんがいないので、結婚の誓いを列席している人たちに立て、証人してもらうというスタイルです。人前式だと安くできるみたいで調べると5万円ほどで挙式が挙げられると書いてあります。

しかし、ドレス等は別途にかかってしまうのでやはり小さな結婚式はドレスも付いて69000円~なので格安といえます。

衣装(ウェディングドレス・タキシード)と小物のレンタルの内容

女性にとって1番大事!と言えるドレス。ここは、妥協したくない所ですね。しかし、プラン内だとなのあまり種類はありません。ドレスにこだわりたい方はオプションでグレードアップする必要がありますがお値段が上がります。

ドレスは、上下セパレート(別々)になっていて組み合わせることができます。上は胸の所がハート型になっているものか、ストレートのもの。下(スカート)はウエストの位置から広がるプリンセスラインか、膝くらいから広がるマーメイドラインの2種類の組み合わせで選びました。

私は、せっかくなので可愛いウェディングドレスを着たい!と思いましたが試着したらプラン内のドレスで十分可愛かったのでグレードアップはしていません。

試着の時に着けている小物も全て、オプション内です。

 

上下分かれるようになっているので組み合わせ方によって雰囲気が変わってきます。マーメイドラインのスカートでも上をストレートにしないとフェミニンな感じになるし、プリンセスラインのスカートにストレートの上を合わせるとシックな感じになりましたよ。

私は、マーメイドラインのドレスに憧れていたのでこの試着した時から頑張ってダイエットをしてマーメイドラインを着ました。

パールのネックレスはオプション内ですが、4枚目の左側で着けているネックレスはアップグレードの物です。

実際、挙式をした時はこんな感じでした。

左側に入力する内容

 

右側に入力する内容

十分、可愛いしラインも美しいドレスでした。挙式当日に私が持っているブーケは、お義母さんが粘土細工で作ってくれたのレンタルしませんでした。(持ち込み料はかかりませんでした。)

男性の衣装レンタルは色はこの一色で濃いグレーのみです。

ちなみにここで重要なのは、下着のレンタル(ストッキングも)と男性のタキシードの下に着るワイシャツのレンタルはオプションにはいていません。

ドレス用の下着はつけた方がキレイに見えるので、レンタルをおススメしますが私は友人が貸してくれたのでここはコストカットすることができました。

男性用のワイシャツは3240円でレンタルしました。

1カットの写真付き!

スタジオで1ポーズの写真もオプション内に入っています。実は、オプションで写真を追加することができますが挙式代より高いです。写真って高いんですね。

挙式は2人だけでない限り、誰かしらに頼んで写真を撮ってもらう事ができるのでそれで十分だと思いました。

司祭者(司会進行)や音響・照明等

これは全てオプションに含まれています。音楽は自分で好きな物を選ぶこともできますが、めんどくさがりでこだわりの全くない私たち夫婦は全て小さな結婚式のスタッフの方にお願いしました。

これは、打ち合わせの際に自分のしたいようにカスタムできるので色々とやってみたい事があればスタッフの方と相談して自分達らしい結婚式を作りあげるといいでしょう。

特に、持ち込み料等がかかることはなかったです。

挙式当日の新婦のヘアメイクと新郎新婦の着付けもオプション内

新婦(女性)のヘアメイクはオプション内に含まれていますが、新郎(男性)のヘアセット等はオプションに含まれていません。

男性は自分でできる方が多いと思うので、オプション追加しなくてもいいとは思います。

ここで、ヘアセットやメイクのリハーサルをしたい場合は追加オプションです。

当日、ドレスを着たりタキシードを着たりのお手伝いもキチンとしてくれます。スタッフの方々も親切だし緊張をほぐしてくれるように沢山お話もしてくださいます。

新郎と新婦の部屋は別々ですが隣の部屋なので、隣から声が聞こえたりするとどんな感じで出てくるのかな~(ドキドキ)とテンションも高くなって、いざ対面するとなんだか初々しい気持ちにもなりました。

式までの準備の時間を、緊張しないで楽しく過ごせるのもスタッフの皆さんの心遣いだと思います。

思い出に残る結婚証明書も付いています。

この証明書は、誓いの言葉が書いてありその横に、新郎・新婦とその両親のサインと私は産後に式を挙げたので娘の手形も入っています。

挙式後に、何度も見直したり飾ることはしていませんがサインしている時間も思い出すと心に残っているので写真を見返して、その時の気持ちがよみがえってきますし挙式を実際行わなければ思い出や形にも残ってなかったと思うので大切にしたい1つの思い出です。

挙式での支払いとご祝儀で実際はプラスになった

格安で結婚式を挙げた。と1番最初に言いましたが、ご祝儀(もらえると思っていなかった)を頂いたので実際かかったお金よりも逆に収入があった。という実態でした。

実際支払いは、結婚式を決めて2週間以内の振込みでした。(挙式代のみ48000円)オプション等の支払いは、打ち合わせ等の全てが終わった後の挙式の1ヶ月ほど前までに済ませます。

私たち夫婦が最初に予定していたのは、自分達家族(私・主人・娘)3人で行おうと考えていて平日に式の日取りをしましたので、ご祝儀のことなんて全く考えてもいませんでした。挙式を申し込んだのは10月で挙式を2月に予定していたので、自分達家族にも話をしたら参列してくれるということで参列してもらいました。

結局、私たちの両親・兄弟が参列してくれてご祝儀まで頂く事ができたのでまさかのプラスになりました。そして、参列してくれる人がいると賑やかにもなったのでお金事情もですがその場の雰囲気もとてもよかったです。

結婚式後の披露宴のような会食の会場もオプションで頼める

結婚式の準備をしていると、挙式後はどうするものか?だいたいの流れだと、結婚式の後に結婚披露宴があり、その後二次会をやられるというのがなんとなくイメージできる結婚式の1日の流れだと思います。

ただ、小さな結婚式では人前式なので一般的に結婚披露宴で行われる新婦から母や父(家族)に送る手紙(言葉)や新郎からの挨拶等も一気に行う事ができるので、あえて披露宴のような事を行うほどではなくなってきます。

そこで、披露宴をしないでいいのなら挙式後は解散。というのも1つの方法です。私は、子供が生後10ヶ月だったので挙式後子供への負担があると考えたので参加してもらった人全員との会食をあえてしませんでした。

しかし、冠婚葬祭くらいでしか親戚が沢山集まれる機会がないとは思うので、もしできる状況であれば会食はするのもいいと思います。しかし、会場をおさえるのは人数にもよりますが探して、手配してと時間もかかることなのでオプションでレストランをお願いすることもできます。

会食をすると、披露宴のような感じで参加してくださっているゲストの方と話もできるのでいいでしょう。

値段は、レストランや食事のグレードによっても変わってきますのでそこは打ち合わせの際に要確認です。ちなみに、私達は会場を頼みはしませんでしたが近くの居酒屋で時間がある人だけでワイワイと食事をしてお開きにしました。(ここは、私たちの支払いです。)

フォトウェディングよりも結婚式を勧める理由

また、お金がないからってドレスを着て写真だけでいいやと考えているのであっても結婚式は挙げた方が絶対にいいと私は経験したので言い切れます。

20歳の時、成人式でお金もかなったのに加えて中学から地元の学校には行かなかったので久しぶりに地元の友達に会える機会だったのにも関わらず、人見知りという理由で成人式に行くのをやめて振袖を着て写真だけ撮りました。

しかし、今はその事をすごく後悔しています。なぜなら、写真で記録するよりも思い出として記憶に残すべきだと結婚式を挙げて強く思いました。

それは、写真って撮った後案外見ないからです。写真を撮ってもらう事が2人の最大の思い出になるのならフォトウェディングをすすめますが、そうでないのであれば結婚式を挙げるべきです。結婚式を挙げれば、エピソードとして残るので振りかってその日の話で盛り上がる事もできます。

まとめ

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】で実際にかかった金額をまとめました。
キャンペーンもよくやっているので、もう一度ホームページをみて確認してください!もしかしたら安くなっているかも!

結婚式をしたい!と思っている方には、絶対におすすめです。結婚式を諦めるより、コストを抑えて一生に一度の思い出を作るべきです!

ウェディングドレスを着られるのは、自分の結婚式の時だけです!そして、祝福してもらえるのも同じ言葉であっても、食事をしている時などの日常の時とドレスを着ている時とを比べると感じ方が全然違います。

結婚式は、夢のような時間が過ごせます。そして、ずっと心に残ります。

5万円ほどで結婚式ができるのであれば、やるべきです!



コメント