離乳食初期から後期までおすすめしたい調理器具とグッズまとめ

育児

生後5ヶ月頃になると、そろそろ離乳食を始めなきゃ~と考えている方が多いかと思います。しかし、初めての離乳食作りって何が必要なの?と考えますよね。何が必要かわからないから、調べて買い物へ行くと沢山のグッズが売っていて、どれも役立ちそうだし…。と思ってつい買おうかな?!と思いがちです。

しかし、離乳食を始めてみると元々家にある調理器具を使えば何とかなると言う事がわかり、必要な物って実際そんなに多くないなぁ~と感じました。離乳食グッズを買い揃える時は、離乳食の後期までを見通して様々な物を一気に買うよりは、徐々に買い足していく事をおすすめします。

スポンサーリンク

離乳食初期に必用だったのは調理器具よりもこの2点!

離乳食初期は、まずはお粥から!お粥といっても私たち大人が食べるようなお粥ではなく10倍粥で米粒が全く無い状態の物です。10倍粥から始めますので、最初は沢山の物を準備する必要はないです。しかし、コレだけは必用だと思う物は

シリコンカップと離乳食用のスプーンです

といっても、住んでいる環境にもよりますが頻繁に買い物が出来ない場合はもう少し揃えた方がいいかも?しれません。というのも、100均で割とすぐに手に入るので100均が近くになかったり、ベビー用品を取り扱っているお店にすぐにいけない場合はまとめて揃えるのをおすすめします。

10倍粥や離乳食の保存に便利なシリコンカップ

離乳食で便利グッズを調べると、製氷皿と出てきますが購入したものの私はほとんど使いませんでした。

お粥を冷凍保存するのに製氷皿よりも、シリコンカップに1回分を入れて、1つずつラップをかけて冷凍保存をすれば解凍する時もラクだし、そのまま与える事が出来ますので洗い物も少なく衛生的です。

100均に売っているのを、大きさ違いで買いました。(初めは小さい物を1セットか2セットくらいでいいと思います。与える食材が増えてきてもっと必要と思ったら買い足してください。)

楽天を見ていたら、シリコンカップがきれいに入る容器付の物が売っていました!お値段は、断然100均がありがたいですが、こちらも参考に!

離乳食用の赤ちゃんスプーン

赤ちゃん用のスプーンは絶対に必要です。なぜ、絶対と思うかというと私は初めティースプーンであげて失敗したーー!と思ったからです。

初めての子供で、初めての離乳食にも関わらず雑な10倍粥をティースプーンで与えるという…。自分の母に、「あんたってホント雑っ!」と言われてしまいました。(トホホ…。)

失敗というのは、ティースプーンは赤ちゃんの口の大きさに合わない。ということ。そして、ステンレスは熱を通しやすいので熱い物は熱く感じ、冷たい物は冷たく感じます。(当たり前ですね。笑)

ですので、離乳食に使う赤ちゃん用のスプーンを準備してください。

初めは、シリコンでできたスプーンがおすすめです。そのうちプラスチック→ステンレスと変えていくのがいいでしょう。

プラスチックを使っていると、色素沈着が気になってくるのと傷がつきやすいので消毒等に気をつけたいところです。

私はEDISONのはじめて使うスプーンのセットを使いましたが、少し小さくて食べにくそうになってしまうのが早かったのでそんなに長くは使わなかったです。

口コミを見るとピジョンの食べるnoおうえんはじめてのフィーディングスプーンがイイみたいですので参考に!

離乳食のスプーンはそんなに高価な物ではないので時期に合わせて買い換えてあげる事をおすすめします。

離乳食初期にシリコンカップとスプーンの他にあると便利な調理器具はマジックブレット

おそらく、離乳食を始める前に検討するであろう離乳食の調理器具セットは購入の必要ないです。普通のおろし金やすり鉢、茶漉しがあれば十分離乳食を作ることができます!

しかし、あるととっても便利だったものがあります。それは、

絶対必用ではないですが、10倍粥を作るのもわざわざすり鉢で自分の手でやらなくても、マジックブレットの中に入れてちょっと押すだけで簡単に滑らかな10倍粥ができます。

当初、すり鉢でつぶしてはいたものの米粒が残っていて「離乳食ってあまり食べないもんなんだなぁ~。」なんて思っていたのですが、マジックブレットを使ったら「どんだけ食べるの?」と思うくらい食べるようになりました。(要は作ったものが美味しくなかったのかな?笑)

お粥だけでなく、今後取り入れていくであろう野菜たちのすり潰しなどにも大いに役立ちます。

ちなみに、マジックブレットは離乳食だけのためだけでなくスムージーを簡単に作ることができます。(育児に疲れた時にサッとフルーツや野菜で作って飲むと癒されるし健康にもいい!)

おすすめの簡単スムージーの材料

  • バナナ
  • 豆乳(牛乳)
  • ヨーグルト(無糖)
  • 小松菜
  • はちみつ
おすすめの”こだわり”スムージーの材料

  • バナナ
  • 豆乳
  • ヨーグルト(無糖)
  • 青汁(粉)
  • きな粉
  • チアシード
  • ハチミツ(糖質気にしてる人はラカントがおススメ)
  • アマニ油

このスムージーを飲んで肌がきれいになりました!

マジックブレットではなくても、ハンドブレンダーやミキサーでもすりおろしたり、つぶしたりができるので便利で使いやすいし離乳食以外にも使い道がありますのでぜひ検討してみてください。

離乳食の見本はベビーフード

10倍粥って見たことないから、どれだけすり潰せばいいのかわからない!という方は既にできているベビーフードを1度購入し見て、自分も食べてみてから離乳食作りをすると「なるほど~」と。わからないが、わかるようになりますので不安も解消されます。

離乳食用のベビーフードはキューピーや和光堂もいいですが、生協の宅配パルシステムのうらごし野菜シリーズは少量ずつ小分けされていて使いやすいです。更に、パルシステムのアプリを使えば離乳食のレシピを見ることができます。

地域にもよりますが、母子手帳交付から生後1歳未満の子供がいると手数料(1回194円税込み)が無料(割引の地域もあります)なので子供が1歳になる前に生協の宅配パルシステムお試しでもやってみるのがいいでしょう!

離乳食中期は赤ちゃん用の食器などのグッズを増やそう!

段々と食べられる物が増えてきて、ママも離乳食作りに少しずつ慣れてくる頃です。1日1回だった離乳食も2回に増やしたり食べる食材を増やしたり…。(嬉しいけど、作るのは大変)

おそらく、調理器具も離乳食作りに慣れ新しく買うものを考えなくても平気かと思いますが、代わりに赤ちゃん用の食器だったりエプロンだったりが必要と思うころだと思います。

赤ちゃんの食への意欲が増し、自分でも食べたくなる時期はくっつく吸盤の食器がおススメ!

離乳食中期頃になると、目の前にあるものに興味がわき自分で手に取ってみたい!という意欲が出てくる頃かと思います。(まだ、なくてもいずれなる子がほとんどです。)そうすると、ちょっと目を離した時に想像できない光景が目の前にあり、「あーーーー!目が離せない!ってこの事ね。」と思う時がくるでしょう。

私は、ちょっと(ほんとに数秒)の間に納豆ご飯の器が床に落ちていてばら撒かれ、更には納豆のついたてでテーブルをゴシゴシ…。

私が目を離したのがいけないんです。掃除に泣きました。この現象が1度ではなく何度も…。

そこで、大活躍だったのが吸盤でテーブルに食器がくっつくRichell(リッチェル)のTLI(トライ)シリーズです。(※吸盤も購入しないと器だけではくっつきません。)

初期に購入しても良かったな!思うくらいいい!セットも売っていますので、一気に全部欲しい!という方はセットでもいいでしょう。ただ、吸盤はセットに入っていなく別売りなので吸盤も一緒に買ってください!

くっつく食器で有名なイージーピージーの食器

このezpz(イージーピージー)の方はワンプレートになっているのですが、個人的にはワンプレートは中期だと早い気がします。なぜなら、まだ沢山の量を食べられない頃なのでワンプレートに離乳食を盛り付けると質素な感じになってしまうからです。(離乳食後期にならおすすめです。)

中期の頃はワンプレートではなく、お皿1つと汁物が入れられるボウルがあれば十分でしょう。

ストローの練習におすすめのアイテムとストローマグセット

離乳食中期頃になると、母乳やミルクの他に水分補給を水や麦茶などで取れるようになります。そこで、哺乳瓶だけでなくコップを使ってストローでも飲めるように練習していこうと思う時期です。

しかし、いきなりストローで飲む事はできません!そこで、ストローで飲む練習が必要になってきます。ストローの練習に適していたのが

おすすめする最大の理由は、ストローをさした状態でフタの上を軽く押すと中身が出てくるのです!

赤ちゃんがストローを加えたときに、軽く押してあげると中身が出てくるので吸うと出てくるという仕組みを理解できスムーズにストローで飲めるようになります。

さらに、家にあるコップにかぶせるだけでコップを買う必用はもないです。シリコンでできていて、しっかりくっつくので倒れてもこぼれないし、何度も繰り返し使えます。ストローは100均に売っている120本入りの曲がるストローを使うと、1回ずつ捨てる事ができてわざわざ洗う必要がないので衛生的です。

しかし、ストローを嫌がってしまう赤ちゃんもいると思うのでそんな赤ちゃんには

これは、ストロー部分が赤ちゃんの事を考えられていて赤ちゃんの口に合わせた形になっています。そして、購入するのであれば外出の際に水筒として持ち運べる物ストローマグとのセットになっている物がいいでしょう。

ストローマグの、ストローの汚れって結構汚れますのできちんと洗ってくださいね!しっかり洗わないと、雑菌だらけでちょー汚い!私はキュキュットのCLEAR泡スプレーを使っています。

ストローに差し込んでシュッとスプレーして少しおいて、しっかり水で流すだけ!きれいになるし、除菌・消臭・くすみ落としの効果があります。

ストローを洗うなら、絶対おすすめです。

というより、必用です。

食べこぼしをしっかりキャッチしてくれる、お食事エプロン

意欲が出てくると、自分でやりたい!になるので、当然自分で食べたい。自分で飲みたい。という気持ちになります。しかし、自分でやらせるとうまく食べれないので絶対にこぼしますね。そうすると、せっかくの可愛いお洋服が汚れてしまって洗濯が大変になります。

汚れても、平気なようにお食事エプロンをつけてから食べさせるといいです。

どうせ汚れてしまうので、どこのメーカーでもいいと思いました。ただ、

  • 暖かい季節は袖のないもので寒い季節は袖があるもの。
  • 外出時にも使えるようにかさばらない物。
  • 洗濯もするので最低でも2枚。

が条件かなと思います。

可愛いのが沢山あるので探してみてください。

お安いのを紹介しておきます~

離乳食後期は外食でも使えるグッズと食事を楽しめる食器を買いたそう!

離乳食後期になってくると、食べられる物も増えてきて大人の食事を作るのと一緒に作ることが出来るようになってきます。

そして、いろいろな事がわかってきてキャラクターや色を楽しめるようにもなってきますので離乳食初期や中期と比べると食事を一緒に楽しむという事も大切になってきます。

おそらく、離乳食後期になると慣れてもくるのでどんな物を買い足すかなんとなくわかる方が多いとは思いますが、私が買い足してよかった物を紹介します。

離乳食の取り分けが簡単に!フードカッター

離乳食後期になると離乳食を大人の食事と一緒に作ることが出来る物も増え、離乳食作りがだいぶラクになります。

例えば麺類(うどんやパスタ)は大人と同じ物を茹でて、小さく刻めば食べる事ができます。後期では早いですが、完了期頃には外食で食べられる物も出てきます。そこで便利なのがフードカッターです。

家で取り分けで離乳食を作ったときに簡単に切る事が出来るので便利です。

子供が好きなキャラクターの食器(ワンプレートがおすすめ)とステンレスのスプーン・フォーク

後期になると、アンパンマンやミッキー等のキャラクターに目がいく子もでてきます。(うちの娘はミッキーに大興奮していました。)

そこで、後期に買い足すのであればキャラクターの絵が描いてあるお皿やスプーン。また、食べられる物も量も増えてくるし、食べるのも上手になるのでワンプレートの食器を買い足すのがいいでしょう。スプーン・フォークにも慣れてきているので丈夫なステンレスのスプーン・フォークを買い足すのもいいです。

好きなキャラクターは、それぞれに違うと思うので様子を見てお子様に合ったものを選んであげてください。

ベビーチェアよりも椅子に取り付ける赤ちゃん用の座布団

ベビーチェアも椅子に取り付ける座布団も、両方購入してしまいましたがどちらがよかったかというと断然取り付け式の座布団です!

なぜなら、ベビーチェアだと1つ椅子が増えることになり場所をとってしまうからです。我が家は狭いので、もともとある食卓用の椅子に取り付けることの出来るリッチェルのごきげんお食事クッションが合っていました。

これは、成長に合わせてクッショの枚数で高さの調節ができるので長く使えるし、ベルトがついているのでしっかり赤ちゃんをおさえてくれます。

そしてナイロン製なのでお手入れもラクです。くぼみに食べかすが入りやすいですが、掃除機でサッと吸い取れるし布巾で簡単に水拭きもできるので、汚れやすい食事用の椅子ですがお手入れがラクにできると食べこぼしのストレスが少し減りますね。

もし、ベビーチェアで悩んだ場合はこちらも検討してみてください。

まとめ

離乳食初期は、わからない事だらけで離乳食グッズを見るといろいろと揃えたくなりますが一気に揃えずに序々にアイテムを増やしていく事をおすすめします。

作るのは大変ですが、美味しそうに食べてくれると嬉しいものですよね!色々な便利グッズがありますので上手に使って、離乳食作りを頑張ってください。(大変なときはうまくベビーフードも使ってくださいね!)

コメント